極東書店ニュースについて

  • TOP
  • 極東書店ニュースについて
img

 洋書案内「極東書店ニュース」は1954年6月に第一号が発刊され、以来67年の長きにわたり研究者の皆様に海外の学術新刊情報をお届けしております。

 発刊当初は、【歴史、経済、政治と法、文学と芸術、哲学、その他】という分類で学術洋書を紹介しておりました。その後分類はより多岐に亘ることになりますが、取り扱い言語は現在と変わらず英・独・仏語文献が中心でした。ロシア語・ソ連関係図書の取扱いがあった時期もありましたが、それらはニュースとは別に「ソビエト図書通信」として、1960年から5年間発刊された別冊によって紹介しておりました。また当時の「極東書店ニュース」表紙には副題としてAnnouncement of Foreign Booksと表示されていますが、これは「ニュース」が当社独自の呼称であるのに対し、丸屋商社(現:丸善雄松堂)が明治時代の創業当時から作成していた宣伝文書や、その後普及した各社の洋書案内がアナウンスメントと呼ばれることが一般的であったためです。現在でも洋書案内のことを広くアナウンスメント、アナメンと呼ぶことがあるのはそのような経緯によるものです。1960年代半ばになると分類が増え、【総記、哲学、歴史、政治、法律、経済、経営、社会学、教育、言語・文学、アジア・アフリカ】といったラインアップとなりますが、当時の出版点数は現在よりもずっと少なかったため「ニュース」(月刊)のページ数は大体40ページ前後でした。

 1971年1月号から、表紙に初めて日本語で分類が記載されるようになりました。【総記、哲学・社会思想、歴史、労働運動・社会主義運動史、政治、法律、経済、労働問題・社会政策、経済史、経営学、社会学、教育、言語・文学、アジア・日本・アフリカ・ラテンアメリカ】となり、現在の「ニュース」の原型が出来ています。また毎月ホットなテーマを特集として取り上げるようにもなり、とりわけ「公害と都市問題」特集は毎月のように取り上げられ、1974年には【環境と都市問題】としてレギュラーな分類に加わりました。

img
img

「ニュース」分類項目の追加や変更は国際的な経済・社会・政治・文化の変化やそれに伴う学会の研究動向の変化に対応しようとする意図があり、少しずつ変化していきます。ちなみに、弊社が取り上げていた”言語・文学”はドイツ系で、ドイツ語文献については創業当初から力を入れていたことと、主力分野である哲学・美学・思想とも関連するためでした。”言語・文学”については哲学・美学・思想分野も合わせたニュースの別冊「ドイツ文学」として1974年に分冊化し1984年まで発刊しておりました。(その後「ニュース」に再統合)

 インターネットや電子メールがない時代、洋書情報は海外出版社からのエアメールによる新刊案内や日本国内代理店からの新刊情報などを駆使して情報取得していました。入って来る情報に限りはあったものの、英米の大学出版局・主要学術出版社、ドイツの出版社、そして、フランスの学術出版情報やオランダの学術出版(英語文献)案内は積極的に入手しておりました。

img

 1970年代から冷戦崩壊までの人社系学術動向のトレンドについて触れておきますと、米国の相対的経済的位置の低下とそれに伴う日本及びアジアNIESへの関心の高まり、現存する社会主義(Der existierende Sozialismus)への批判的研究、EC研究の増加、社会史・アナール派研究の盛衰、従属理論・世界システム論、正義論等が注目されていました。1990年代に入ると様々な研究分野においてRace・Ethnicity, Gender, Culture, Globalizationが重要になってきており、それに沿うように「ニュース」も【文化・社会人類学、移民史・移民問題、少数民族、人種問題、ジェンダー研究・女性史・家族史】を大分類化し、情報提供を進めるようになりました。これらの学術動向の変化やトレンドは、当社の営業員が研究者から直接お話を伺ってそれを「ニュース」へ反映することも多く、第一線で活躍する研究者から得られる知見なしに「極東書店ニュース」の発展はありませんでした。

 1990年代後半からは出版情報の入手手段が徐々にデジタルに移行していきます。加えて出版点数が増加し、冊子体という媒体上の制約もあってあらゆる情報を載せることは難しくなってきた代わりに、研究者から得られた知見やアドバイスとこれまでの蓄積を活かしたより精選された書誌情報の提供にいっそう力を注ぐことで、研究者の皆様からは評価を頂いておりました。

 しかし、インターネットの普及による制約のない圧倒的な情報量が一般化するにつれ、「ニュース」の誌面による情報提供だけでは次第に研究者の多様なニーズを満たしきれなくなります。学術研究の傾向も、研究分野によっては、書籍を中心とした研究から徐々に論文主体の(電子)ジャーナルに比重が移り、学術研究費もそれに合わせ重点をシフトするなど変化が起きていきました。分野も細分化が進むとともに、人社系においてもデータを中心とした実証研究が学際的に展開されるようになり、データ処理のためのサーバー構築やソフトウェア、人件費等に予算の多くが配分されるようになるなど、研究資料としての書籍の役割は分野によって大きく変化していきました。

 こうした急速なテクノロジーの進展を背景とした情報環境や研究手法の変化、メディアの多様化等に伴い、2017年に「極東書店ニュース」は冊子体からPDFによる電子版に媒体を移行しました。PDF版は電子的に広く届けられる利点はある一方、基本的に冊子を踏襲したものであるため紙幅の制限についてはそのままとなり、移行としては緩やかなものでした。

img

 この度リリースしました「極東書店ニュースONLINE」では、冊子体カタログを閲覧しているかのような負担のないシンプルな新刊洋書案内を電子的に実現しながら、提供する情報量は増やしつつ、研究者が必要な情報を容易にピックアップすることが可能になりました。また、ご専門と関係のない分野の動向を知る上でも最適なものとなっています。

 インターネット上の情報量は爆発的な勢いで増大を続けていますが、「極東書店ニュースONLINE」は精選された人文・社会科学系の学術専門洋書情報を提供し、学術貢献を果たすという極東書店ニュースのこれまでの役割を受け継ぎ、発展させたものとなっております。「極東書店ニュースONLINE」が皆様の研究活動の一助となりましたらこの上ない喜びです。